2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
少女人形舞台
幻奏の宴Vol.32
〜春告げ鳥の伝説〜


2019年3月3日(日)
AKIHABARA SIXTEEN Z
【日程】
2019年3月3日(日)

【時間】
開場:12時30分/開演:13時/終演:14時30分

【会場】
AKIHABARA SIXTEEN Z
東京都台東区台東1-27-1 K3ビルB1F

【チケット】
3,800円 (1ドリンク込)

ご予約は、メールで件名に「少女人形舞台チケット希望」、本文に住所・氏名・チケット枚数、出演者のブログ等からのご購入の場合は出演者名をご記載の上、info@aked.jpまで送信してください。
※お席には限りがございますので、お早めにご予約ください!



ガールズミュージカルの最高傑作が蘇る
スタントウーマン2019始動!

■スタッフ

原作作詞·朝倉薫
音楽監督·中村康隆
脚本演出·麻草郁
製作·スタント製作委員会朝倉薫演劇団
那智組、華厳組、完全ダブルキャストを募集します。
健康な20代の女性、歌、ダンス重視。
<お問い合せ>担当:湯浅 info@aked.jp
公演日程
2019年8月6日~18日(2週間公演)
劇場:築地本願寺ブディストホール
全20公演

■あらすじ

東北の寒村で育った少女島田アキは憧れのスタントウーマンマリー倉本を目指して上京し里中アクションクラブへ所属する。だが既に倉本は引退し行方不明、その上、トップアイドルの西条潮に見初められ、ボディダブルとしての専属契約を迫られる。 もし契約すれば、一生西条の身代わりとして生きるしかない。
だが、スタントウーマンとは、そもそもそんな職業なのか。
揺れ動く魂の律動、マリー倉本は奇跡の復活を遂げるのか?
アキは自分の存在意義をつかみ取ることができるのか。
運命は流れる滝のごとく、彼女たちを翻弄していく。
アクション満載、歌満載でお赠りする、ガールズハイパーミュージカルの金字塔です。

■登場人物

1 島田 アキ(18) 田舎から出てきたばかりの新人スタントウーマン。伝説のスタントウーマン·マリー倉本に憧れている。アクション、ソロ歌あり。
2 マリー 倉本(42) 往年の花形スタントウーマン。現在は半引退状態で行方不明。ソロ歌あり。
3 里中 美津子(32) 里中アクションクラブ(SAC)社長。先代の意を継ぎ、次世代のスターを探す。ソロ歌あり
4 西条 潮(16) 売れっ子アイドル女優。アクション初挑戦の作品で島田と共演する。アクション、ソロ歌あり。
5 河合 希美子(27) SACのマネージャー。嫉妬深く、細かいことばかりを機にする性格。歌あり。
6 内藤 恵(23) SAC所属のアクション女優。島田の相談に乗り、精神的支柱となるが....。アクション、ソロ歌あり。
7 萩原 愛 SAC所属のアクション女優。なぜかヒーローショーでは声の役ばかりを当てられ、ステージには出してもらえない。アクション、歌あり。
8 谷山 桐 SAC所属のアクション女優、島田と同期。あと一年で芽が出なければ田舎に帰る予定。アクション、歌あり。
9 加藤 清美 映画『闇のボルサリーノ』監督。苦節7年初の監督作品で少しテンパっている。歌あり。
10 早川 千歳 西条専属のメイクアップアーティスト。西条のパワハラにいつも苦しめられている。歌あり。
11 高群 夏了 映画評論家。元女優。マリー倉本とは古い仲。ソロ歌あり。
12 清水 秋乃 SAC研究生。明るくて無邪気、後先を考えない性格。
13 小塚 弥生 SAC研究生。普段はおとなしいがアクション時は派手。
14 坂本 里奈 SAC研究生。やる気が空回りするタイプ。
15 栗本 晴美 「闇のボルサリーノ』チーフ助監督。サバサバしすぎた性格は各所でトラブルを生むが、笑顔で何でも許されてしまう不思議な人物。歌あり。
16 山本 加子 雑誌記者。重大な秘密を握り、里中を追い詰める。悪意はなく純粋な好奇心で動く。歌あり。
<お問い合せ> 〒 1 66-001 2杉並区和田1-25-11朝倉薫演劇団 担当:湯浅 info@aked.jp

©朝倉薫事務所
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ(記事・画像 等)は承諾無しに無断転載することを禁止します。